Mobile Guard

ネットワークベースのセキュリティソリューション

  • モバイルネットワーク上のリアルタイムトラフィックを解析
  • マルウェアに感染したデバイスへ能動的に対処することで、お客様サポート業務のOPEX(運用コスト)の削減、エンドユーザの高額請求の防止、ブランドイメージの保護を実現
  • キャリアグレードのパフォーマンスと拡張性
  • OSS(Operations Support System)及びBSS(Business Support System)とのインテグレーションが容易

印刷用PDFのダウンロードはこちら 

利点と機能

1. はじめに

現在、世界経済の大部分はインターネットに代表されるオンライン通信に依存しており、社会の通信基盤においてネットワークセキュリティの役割は極めて重要です。ネットワークを効果的に守るために、通信ドメインの特性を考慮し、ネットワークベースのソリューションとクライアントベースのソリューションをエンドツーエンドで統合する必要があります。
ノキアが開発を進めるサイバー・セキュリティ・ソリューションの製品群は、音声通話からITベースのクラウドサービスに至るまで、通信事業者とエンドユーザの両方を保護の実現を目指します。

2. 加入者の保護

ノキアは、エンドツーエンドのセキュリティ製品のひとつとして、モバイル端末にウィルス対策がなされていない場合でも加入者を悪意のあるマルウェアから保護できる、Mobile Guardを発表しました。
これはネットワークベースでマルウェアの検出、監視、不正行為のリスク低減を行うソリューションであり、マルウェア対策ソフトウェアがインストールされていないスマートフォン、IoTデバイス、M2Mデバイスも保護します。
同ソリューションは、モバイルブロードバンド、SMS等のメッセージング、音声といった通信サービスによるネットワークトラフィックのパターンを高度に分析することで、従来のシグネチャーメカニズムを活用した一般的なブラックリストベースの検知システムよりも詳細なマルウェア検出を短時間で実現します。また、ユーザへの通知、影響するサービスの遮断、感染した端末の正常化支援も行います。
Mobile Guardは、ノキアのパートナー企業であるセキュリティ対策専門企業による統合マルウェア・インテリジェンス・データベースを利用し、既知のマルウェアの検出だけではなく、疑わしきトラフィックのパターンを既知の脅威と比較し結び付けることで未知のマルウェアの検知も可能とします。この動作を繰る返すことで自己学習型の検出メカニズムを熟成させ、新たなマルウェアを即座に検出し、直ちに解決措置を講じることが可能になります。

3. マルウェアの自動抑制

Mobile Guardは、有料SMSメッセージ送信の阻止やユーザが意図しないモバイル決済の遮断等、マルウェアによる活動の自動抑制を行うことができます。また、加入者に感染の通知を行うほか、オプションとして、端末上のウィルス駆除ソフトウェアや、ネットワークベース保護をさらに強化する方法を提供することも可能です。
デバイスやOSに依存しないため、通信事業者はネットワーク上のデバイスのセキュリティ状況を確認すると共に、感染した加入者に対して先を見越したサポートを提供できるようになります。
Mobile Guardの監視ダッシュボードはリッチなGUIで、通信事業者が詳細な感染データをリアルタイムに把握できるように最適化されています。

さらに通信事業者は、Mobile Guardによるネットワークベースのセキュリティ対策を既存のサービスの追加オプション等で加入者に販売することによってRPU(加入者1人あたりの収益)を拡大できることも大きなメリットです。また、デバイスの悪用や不正行為の防止、電話サポートの対応件数の削減、高度なセキュリティ対策を実施している事業者としてブランドイメージの向上が実現できます。
モバイル決済等の新たな市場への対応、感染検知から解決までの時間の短縮、マルウェアのないネットワークは、Mobile Guardを採用することで実現できます。近日、ノキアはIoT及びM2M環境向けのMobile Guardをリリースする予定です。通信事業者のネットワークサービス拡張と共に、ソリューションの活用範囲が拡大されます。
加入者には、ネットワーク保護やウィルス対策と併せて、最高のセキュリティ対策が提供されます。万が一デバイスがマルウェアに感染しても、迅速に対応することが可能で、不要な高額請求を防ぎ、加入者が安心してモバイルネットワークサービスを享受できる環境を実現します。

ノキアのMobile Guardは、ユーザの保護、収益の拡大、悪質なトラフィックの分析を実現する革新的なソリューションです。マルウェアを検出し予防することで、全ての通信事業者のネットワークを守ります。