リアルタイムトラフィックモニタリング Serve atOnce Traffica

Solutions

リアルタイムトラフィックモニタリング Serve atOnce Traffica

ネットワーク品質をリアルタイムに分析し、障害対応にも迅速に対応。
高品質なサービスを維持し、顧客満足度の向上に貢献。

  • 世界40ヵ国80社への導入実績がある一元的なサービス品質管理システム
  • ネットワーク全体のパフォーマンスから加入者レベルまでドリルダウン・リアルタイム表示

印刷用PDFのダウンロードはこちら 

利点

1. はじめに

今日の競争の激しい市場で通信事業者が成功を収めるには、顧客の要望を満たすサービスを提供することが不可欠です。顧客はいつでもどこでも、気が向いたときに自分の選択したモバイルサービスを利用できると考えています。通信事業者がARPU(加入者1人当りの平均売り上げ)と顧客の契約を維持するには、その期待に応える以外に道はありません。つまり、サービス品質の向上とユーザエクスペリエンスの質の追求が、あらゆるビジネスチャンスに対して行われる必要があるのです。

Serve atOnce Trafficaを使用すると、エンドユーザ視点でネットワークパフォーマンスを把握することができます。この多機能ツールによって、ネットワーク全体にわたり、エンドユーザのサービスの利用状況を詳細かつリアルタイムに把握できます。Serve atOnce Trafficaは実績のあるテクノロジーを使用し、すでに世界40ヵ国80社以上のお客様に価値の高いサービスを提供しています。これはノキアが提供するネットワーク管理ソリューションのひとつのコンポーネントです。Serve atOnce Trafficaは、あらゆるネットワークテクノロジーに対して、統合された一元的な管理システムを実現します。

2. データから情報への変換

Serve atOnce Trafficaによって、リアルタイム・トラフィックと加入者の行動に的を絞ることができ、通信事業者のサービスがどのようなサービス品質で提供されているかを把握することができます。ひとつのセル内における状況や、個々の加入者レベルにおいても、ネットワーク全体にわたってリアルタイムに表示できます。

また、加入者イベントデータの分析用に強力なエンジンを実装しています。これによってトラブルシューティング、カスタマーケア等、通信事業者固有の多くの要件に対して効果的なソリューションを実現できます。さらに、Trafficaはネットワーク全域のソースからリアルタイム・トラフィックデータを収集・保管し、標準で提供されるユーザインターフェースに加え、ユーザが定義したカスタマイズGUIを実装可能です。パフォーマンス劣化が予見された時、視覚的に理解しやすい形式でエンドユーザに起きている問題点を画面上に表示します。ネットワークにおける個々の通話やセッション試行を監視することによって、総合的なトラブルシューティングを行うこともできます。

Serve atOnce TrafficaはTraffic News、Traffic Viewsといった複数のクライアントアプリケーションの追加が容易で、通信事業者のあらゆる部門で利用できます。

3. 通信事業者の課題を解決する柔軟なトラフィック分析ソリューション

Serve atOnce Trafficaはリアルタイムトラフィック分析を使用するトータルソリューションを提供し、個々のビジネスニーズをサポートします。Serve atOnce Trafficaプラットフォームは最初に、ネットワークエレメント、CDR、シグナリングリンクのブローブ等、複数のデータソースからデータを収集します。そしてこれらの情報を統合し、ネットワーク全体にわたって、加入者のイベントを分析できるようにします。このプラットフォーム上でServe atOnce Traffica用のアプリケーションが多岐に渡る業務要件をサポートします。各種アプリケーションは、ビジネス固有のニーズをサポート可能なソリューションを構築します。

4. Trafficaアプリケーションによって実現されるソリューション例

  • ユーザサポートを目的としたユーザアクションの分析
  • 加入者の行動のプロファイリングとデータウェアハウス
  • 発信者識別、ロケーション識別、モバイル端末識別
  • 今後のプランニング、マーケティングのためのサービス利用状況分析

通信事業者のメリット

  • エンドユーザの視点でサービスとネットワーク・パフォーマンスを把握可能
  • 迅速な問題検出とサービスに与える潜在的な影響に基づいた優先順位付けによる障害対応コストの削減
  • サービスの利用状況を分析して傾向を理解、収益の最大化を実現
  • 迅速かつ適切なユーザサポート