ネットワーク統合運用支援プラットフォーム NetAct™ System

Solutions

ネットワーク統合運用支援プラットフォーム NetAct™ System

マルチテクノロジー、マルチベンダに対応した統合運用支援プラットフォーム。
さらなる顧客満足向上を可能にするサービスマネージメントを実現。

  • 共通プラットフォームにより、様々なOSSアプリケーションを相互運用可能な環境を実現
  • 機能単位でアプリケーションの追加が可能なアーキテクチャを採用
    サードパーティ製アプリケーションの追加実装も可能
  • OSSアプリケーションに大きな変更を加えることなく新しいネットワーク装置の実装・結合を 可能にすることで、ネットワーク構築や新規機能の迅速な展開をサポート
  • 業務プロセスの単純化を実現するプロセステンプレートを提供
  • OPEX・CAPEX双方の削減を実現
  • 仮想化により高いレベルで可用性を確保

印刷用PDFのダウンロードはこちら 

    NetAct™ System

    利点

    1. はじめに

    NetAct Systemはマルチテクノロジー、マルチベンダに対応した統合運用支援プラットフォームであり、ネットワークの運用監視、パフォーマンス管理、構成管理をはじめとするOSSの基本アプリケーションをサポートします。また、ユーザ視点から見たサービス稼働状況をリアルタイムで把握し、より良いサービス提供を可能とするサービスマネージメントを実現するためのプラットフォームとなります。

    2. ネットワーク管理からネットワーク最大化へ

    可用性を保証

    NetActは仮想化されているため、ハードウェアに障害が発生した際にも自動的に運用の継続性を確保します。Virtual OSSはハードウェアのメンテナンス時のダウンタイムをゼロにし、アップグレード時のダウンタイムをほぼゼロに近づけることも意味します。

    ネットワークをひとつのビューで監視・管理

    NetActはネットワークの重要な運用ステータスについて統合されたビューを、他のNetActツールからの情報とともに提供します。問題が検知された際には、すばやく問題箇所を突き止め修復することが可能となります。

    高品質のサービス

    リアルタイムなパフォーマンスの管理と監視により、優れたサービス品質とパフォーマンスを提供します。

    新しいレベルのレジリエンス

    例えばネットワークオペレーションセンターなどにおける壊滅的な障害においても、NetActは自動的に他のロケーションを経由し運用継続性を確保する地理的冗長機能を備えています。また、冗長機能実現のため用意されたハードウェアリソースは、現用システムの一部として稼働する構成を採用することにより有効活用が可能です。

    コストを削減

    マネジメントの自動化を積極的に進めるソリューションにより、メンテナンスと運用に費やされる人的リソースが削減されると同時に、新たなネットワークの企画や新技術の導入をより容易に行うことが可能となります。これらの全てがOPEXの大きな削減につながります。
    NetActの特徴であるプラットフォームの共有により、様々なネットワークに対応します。キャパシティを最大限に活用できるため、ネットワーク毎に独立したソリューションが必要になることはなく、CAPEXの削減をもたらします。

    3. NetAct™ Systemの概要

    ノキアは、ネットワーク機器管理レイヤからサービス及びビジネス管理までの全ての通信事業分野をカバーする豊富なOSS(Operation Support System)製品を提供しています。主要な製品は 1992年から販売されており、今日では12億人を超えるエンドユーザが、弊社のネットワーク管理システムで管理されているネットワークを経由してサービスを利用しています。
    弊社は通信事業者向けの最新ソリューションを提供するために、日々、OSS製品の開発と更新を行っています。日々刻々と変化する通信ビジネスのニーズに応えるためには、綿密に設計された次世代OSSに転換する必要があります。弊社の新しいアーキテクチャを備えた新規OSSプラットフォームNetAct Systemは、次世代のプラットフォームとして以下の期待に応えます。

    1. ①ネットワークやサービスの拡張等によって煩雑さが増大した業務プロセスの単純化を実現する首尾一貫した業務プロセステンプレートを提供します。これは通信事業者の様々なビジネスプロセスをサポートできるため、多くの日常業務で高度な自動化が可能になります。
    2. ②SID(Shared Information /Data model)と、CIM(Common Information Models)を介し、様々なOSSアプリケーションが相互運用可能な環境を実現します。
    3. ③アプリケーションが機能単位で追加可能なアーキテクチャを採用することで、顧客のニーズに基づいたソリューションを柔軟に構築することができます。このアーキテクチャによりサードパーティ製アプリケーションも容易に追加実装が可能です。
    4. ④ネットワーク機器へのインターフェース/メディエーションレイヤからアプリケーション層を分離したアーキテクチャによって、各アプリケーションは容易にマルチベンダ及びマルチテクノロジーへの対応が可能となります。実際に、OSSアプリケーションに大きな変更を加えることなく新しいネットワーク装置を実装し統合することができ、ネットワーク構築や新規機能が迅速に展開できます。同様に新しいOSSアプリケーションの導入においてもネットワークに影響を及ぼすことなく対応できます。
    5. ⑤OSSアプリケーションに対し統合化されたミドルウェア、ハードウェアによるプラットフォームを提供することは、システム管理及び保守等のOPEX(運用コスト)削減を実現し、また、システム構築、トレーニング等の CAPEX(設備投資)削減が実現します。

    NetAct Systemは、弊社のマルチベンダ及びマルチテクノロジーをサポートする次世代ネットワーク運用支援プラットフォームであり、統合(Consolidate)、調和(Harmonize)、自動化(Automate)を通じて運用効率を向上させます。

    • マルチベンダ、マルチテクノロジー及び多様なネットワークの管理をストレスなく実現
    • 汎用的なプラットフォーム、柔軟なアーキテクチャの採用により管理作業、保守コスト、SIコストを劇的に削減
    • プロセスオートメーションによりネットワークのOPEX(運用コスト)削減、品質向上を実現

    通信事業者のメリット

    • 優れたサービス品質の維持が顧客満足の向上を実現
    • 競争が激化している現在、OPEX(運用コスト)の削減が通信事業者の収益確保に有効