See all Nokia sites

ノキア ベル研究所とNTTドコモ、将来の大容量、低遅延の無線アプリケーションを実現する5Gイノベーションで協働

  • ノキア ベル研究所とNTTドコモは、90GHz帯を用いる5Gの技術開発に向けて共同検討とトライアルを実施することに合意
  • ノキア ベル研究所は、より高い周波数帯での無線カバレッジを拡大し、数ギガビット速度を実現する、90 GHz帯向けに開発された初のフェーズドアレイRFチップソリューションを検証
  • 広範なリアルタイム・アプリケーションの超低遅延ネットワークサポートのための、5Gコア内でのトラフィックオフロードリロケーションを共同で実証
  • ノキア ベル研究所は、Brooklyn 5G Summitでの実証実験で、仮想現実および拡張現実などの高度なアプリケーションの実現をサポートする5G イノベーションを実証

April 25, 2018

Brooklyn 5G Summit、ニューヨーク(米国)– ノキアは、Brooklyn 5G Summitにおいて、拡大する動画およびアプリケーションへの需要に応えるための大容量を実現する5GテクノロジーイノベーションをNTTドコモの協力を得て実証します。

ノキアとNTTドコモは、 5G向けの高度化モバイル・ブロードバンドのアプリケーションの提供をサポートするテクノロジーの開発で協力しています。リアルタイムでの仮想現実および拡張現実といったアプリケーションが広範に適用されることで、多くの産業とコンシューマーの両方に新たな可能性が提供されます。これは高密度なデプロイメントシナリオにおける大容量で極めて応答性の高い無線ネットワークによって実現します。 

Brooklyn 5G Summitでは、ノキアは、これらの需要に対応するために開発中の2つのテクノロジーイノベーションをNTTドコモの協力を得て実証します。

  • 両社は、ノキア ベル研究所が開発した小型ミリ波フェーズドアレイ・アンテナシステムを使用します。これは、最大256エレメントが可能であり、数ギガビット/秒の速度を可能にする90 GHz周波数帯での集積回路(RFIC)ソリューションを使用します。この実験では、より高いミリ波周波数帯での5G New Radio (5G NR)の強化により、広い帯域幅を可能にしながら、無線の複雑さや、より多くのアンテナビームにいかに対応するかを示します。また、より高い周波数帯でも多数のアンテナエレメントを使用することによって、低いミリ波帯を使用する場合と同様のカバレッジを可能にし、いかにパスロスを最小化できるか示します。
  • 2つ目の共同実証実験では、5Gコアにおける動的なオフロードリロケーションが、今後の自動化や拡張現実などリアルタイム性が必須となるモバイルブロードバンドをサポートするための低遅延ネットワークをいかに可能にするかを示します。 

ノキアとNTTドコモは、日本の横須賀リサーチパークにあるNTTドコモの研究所で引き続きこれらのテクノロジーの試験を行う予定です。両社は、90 GHz周波数帯で使用するノキア ベル研究所が開発したRFICソリューションが、日本におけるコンシューマーとビジネスのコネクティビティの大きな需要に応えるための都市部、郊外、室内などをはじめとする、様々なシナリオにおいていかにカバレッジを強化するか調査します。 

2018年1月には、ノキアとNTTドコモは、日本における5Gサービスの商用化を見据え、ノキアの3GPP準拠5G New RadioベースのハードウェアをNTTドコモに提供することを発表しました

NTTドコモの取締役常務執行役員(CTO)R&Dイノベーション本部長, 中村寛氏は次のように述べています。「Brooklyn 5G Summitにおけるこれらのデモは、ノキアとの長い協力関係のうえに実現するものです。特に90GHz帯のようなより高い周波数帯の開拓に向けて、今後もノキアと共同で5G技術の発展を加速させていきたいと考えています。」

ノキア ベル研究所のマーカス・ウェルドンは次のように述べています。「ベル研究所では、NTTドコモ様のような業界をリードする通信事業者様とともに、人間の存在を再定義する破壊的技術を共同で開発しています。Brooklyn 5G Summitでは、将来のミリ波帯周波数のカバレッジを最適化するという課題に対応する、どのようなアレイディメンジョンにも対応可能で、どのような装置へのコネクティビティも可能にする先進のRFIC設計を使用した、世界初のRFソリューション を披露します。」

第5回Brooklyn 5G Summit は、ノキアとニューヨーク大学科学技術専門校のNYU WIRELESS研究センターが共同で主催し、ニューヨーク、ブルックリンのMetroTech Center で、4月24日~27日に開催されます。マーカス・ウェルドンおよびNTTドコモの尾上 誠蔵氏が当サミットにて基調講演を行う予定です。このイベントは、IEEE Communications Societyとの共催で、ライブで配信され、メディアは登録によりこのライブストリームを視聴することができます。

■ノキアについて

ノキアは、世界をつなぐ技術を開発しています。ノキア ベル研究所のイノベーションを基盤として、通信事業者、政府機関、グローバル企業、そして一般消費者に、最も洗練された包括的な製品、サービス、ライセンスを提供しています。

私たちは、高度なビジネス倫理・規範に基づき、社会的意義があり、高品質で、インテグリティを守る技術を開発しています。ノキアは、私たち人間の体感を向上させる5GやIoT (モノのインターネット) の通信インフラを実現します。

■ノキア ベル研究所について

ノキア ベル研究所は世界的に有名な産業技術研究機関です。90年以上の歴史をもつベル研究所は、情報通信ネットワークやあらゆるデジタルデバイス、システムの基礎となる技術を数多く発明してきました。研究の成果により8つのノーベル賞、3つのチューリング賞、3つの日本の賞、多数のアメリカ国家科学賞、並びに1つのオスカーと2つのグラミー賞、1つのエミー賞を技術革新で受賞しています。詳しくはwww.bell-labs.comでご覧いただけます。

Subscribe to Press Releases

If you wish to subscribe to Nokia press releases and receive updates by email, please visit the subscription center.