See all Nokia sites

ノキア、ソフトバンクと5G共同試験で連携

  • 2020年頃の商用サービス開始に向け、ソフトバンクと共同で都市部で5G実証実験を2018年に開始予定
  • 4.5GHz帯におけるビームフォーミング、ビームトラッキング、マルチユーザMIMOを活用し、5Gテクノロジーの効果を検証

August 16, 2017

東京(日本)― ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社(東京都港区、代表取締役社長ジェイ・ウォン、以下ノキア)とソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、都市部で5Gテクノロジーの試験を実施する契約を締結しました。今回は、ソフトバンクと協力し、4.5GHz帯でビームフォーミングテクノロジーを応用した空間分割技術を用いて、GigaBitの通信速度を実現する5G実証実験となります。ノキアは、Nokia AirFrameクラウドRANやAirScale商用ベースバンドを含む、5G FIRSTベースのマルチユーザMIMOソリューションを展開します。

ソフトバンクとの試験ではノキアのフル・デジタル・ビームフォーミング・アルゴリズムを使用します。個々のアクティブユーザに向けて細く絞った電波で5G無線伝送を行うことで通信干渉を抑えられ、周波数利用効率やセルエッジの性能が向上します。さらに、伝送時間間隔(TTI)毎に複数のアクティブユーザをスケジュールすることで、基地局の通信量を拡張できます。

この実証実験は、先日ノキアが発表した5G FIRSTを活用したEnd to Endでのソリューション開発戦略に基づくものです。米国、韓国、そして日本の通信事業者のなかで、5Gへの注目がさらに高まっています。

ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社代表取締役社長ジェイ・ウォンは次のように述べています。「これは5Gの商用利用に向けたソフトバンクの取り組みを示す重要な実証試験です。このような重要な試験に参加できて大変光栄です。ノキアは日本国内での5G商用化に向けて今後も最大限サポートしていく所存です。」

Did you know?

Nokia 5G FIRSTソリューションは、5G無線ネットワークを介したマルチベンダのデバイスをサポートする早期導入無線仕様に対応しています。

■ノキアについて

ノキアは、世界をつなぐ技術を開発しています。ノキア ベル研究所のイノベーションを基盤として、通信事業者、政府機関、グローバル企業、そして一般消費者に、最も洗練された包括的な製品、サービス、ライセンスを提供しています。

5GやIoT(モノのインターネット)の通信インフラから、VRやデジタルヘルスなどの新たなアプリケーションの分野において、私たち人間の可能性を広げ、生活をより豊かにするための将来の技術開発を推進しています。http://www.nokia.com

Subscribe to Press Releases

Alcatel-Lucent has joined Nokia. If you wish to subscribe to Nokia press releases and receive updates by email, please visit the !nokia_subscribe. If you are currently subscribed you can still manage your subscription.