ノキア、インターネットの次なる扉を開く – クラウドとIoT時代に必要な圧倒的パフォーマンスと最高レベルのセキュリティを実現するイノベーション

ノキアの画期的なイノベーションにより、Webスケールの通信事業者とサービスプロバイダが、世界最高クラスの強力なネットワークを構築可能に

  • 業界最高レベルの高密度とベタビットクラスのパフォーマンスを誇る画期的なIPルーティングポートフォリオを発表
  • 一切の妥協を排した設計によって、没入型エクスペリエンスに必要なパフォーマンスを実現しながらも、セキュリティティとインテリジェンスを確保し、数十億ものデバイスの接続と自動化をサポート
  • 新「FP4」は世界初のマルチ・テラビット・チップセットであり、それを搭載したプラットフォームは従来のネットワークプロセッサの最大6倍の処理能力を実現

June 22, 2017

フィンランド・エスポー米国・サンフランシスコノキアは本日、世界最高の処理能力を誇るインターネット・ルーティング・プラットフォームを発表しました。これにより、最新のネットワークの速度と安全性が増し、適応性が格段に向上します。ノキアのFP4チップは、既存のソリューションに比べて飛躍的なパフォーマンス向上を実現しながら、高度なネットワークセキュリティとインテリジェンスも提供します。

没入型コミュニケーション、IoT(モノのインターネット)、人工知能、オートメーションなど、インターネットの「次なる扉」が開かれると、生産性が一層向上し、私たちの仕事や暮らしにさらなる変革がもたらされます。ネットワークに対する新たな需要も生まれるでしょう。ソーシャルネットワーキングやソーシャルコンテンツによる映像トラフィックの急増はとどまるところを知らず、今後ますます規模が拡大しる一方で、新しいセキュリティの脅威が増すことで、より俊敏なネットワークの運用が必要になると考えられています。

ノキア ベル研究所では、今後5年間でIPトラフィックが2倍以上になり、2022年にはひと月あたり330エクサバイト、年間平均成長率にすると25%に達すると予測しています。ピーク時のデータレートの増大はさらに急速で、年間40%近くに上るとされています。この急増の理由は、高解像度のビデオストリーミングや近年注目されている仮想現実といったサービスに対する利用者および企業の尽きない需要にあり、人やモノをつなぐ高速低遅延ネットワークの登場も拍車をかける一因となっています。ノキア ベル研究所では、このネットワーク関連市場のコネクテッドデバイスは2025年までに1,000億台に達すると見込んでいます。

こうした新しい課題に対処するためには、インターネットインフラストラクチャの再考が必要となります。ノキアIP/Opticalネットワークス事業部門プレジデント、バジル・アルワンは次のように述べています。「インターネットプラットフォームは、その一部としてHDオンデマンドビデオを完全に組み入れ、同時に数十億台の新しいデバイスへと接続を拡大していくと予想されます。この動きが加速すれば、パフォーマンスの大幅な向上、非常に高度なインサイトとセキュリティが必要とされるのはもちろん、経済的なメリットも求められます。ノキアは、本日の発表に代表される高度なテクノロジーでこうした進化のサポートをしていきます。グローバルな社会に神経系のように張り巡らされたインフラにおいて、性能、コスト効率、耐障害性、安全性にかつてないほど優れていることはきわめて重要です。」

世界最高の処理能力を誇るルーティングプラットフォーム

Nokia 7750 Service Router のSR-sシリーズは、業界最高クラスの高密度ルーティングプラットフォームとして、シングルシェルフで144テラビット/秒の構成をサポートします。

また、ペタビットクラスのルータとして、新たにNokia 7950 Extensible Routing System、XRS-XCを発表します。これは、ノキアの主要ルータ製品にとっても業界にとっても大きな飛躍となる、世界最高のキャパシティを実現した最新のルータです。スイッチングシェルフを必要としないシャーシ拡張により、1基のシステムで576テラビット/秒までスケーリングが可能です。

ノキアの新プラットフォームは、業界で初めてテラビットのIPフローを実現し、インターネットバックボーンの構成に使用される既存の100ギガビット/秒リンクに対して処理能力を10倍に向上させます。

よりスマートかつ安全なインターネット

FP4ベースのルーティングプラットフォームには、キャパシティ、パフォーマンス、詳細な可視性、きめ細かい制御、テレメトリー、セキュリティがバランス良く組み合わされています。これにより、ウェブスケール企業とサービスプロバイダは、クラウド、5G、IoTに関連するデータ需要への対応、変化への適応、コスト効率と安全性を確保した拡張を可能にする最新のネットワーキングシステムを構築できるようになります。

FP4に組み込まれた高度なパケットインテリジェンスと制御技術に、ノキアのDeepfield IPネットワーク分析ソリューションと包括的なSDNポートフォリオを組み合わせることで、効率性と収益機会を最大限に高めながら、セキュリティの脅威を最小限に抑えられます。DDoS攻撃をはじめとする、生産性と経済活動に影響を及ぼすセキュリティの脅威は年々増え続けており、被害も拡大しています。Deloitte Globalが公開したテクノロジー、メディア、通信に関する予測レポートによると、その件数は2017年だけでも1,000万件に上るとされています。

Nokia FP4チップのイノベーション

これらの新システムの基盤となるFP4チップは、画期的なネットワークチップセットです。FP4は従来製品の最大6倍の処理能力となる、世界初の2.4テラビット/秒ネットワークプロセッサを搭載し、テラビットの処理速度とペタバイトクラスのルーティング性能を実現します。

このイノベーションは長年にわたるエンジニアリングと研究の成果であり、16nm FinFET Plusなどのチップの最新技術と多次元設計を活用しています。またFP4の設計は構造的にも様々なイノベーションをもたらします。例えば、ノキアが新たに開発したインテリジェントメモリは、パッケージサイズを最小化しながらも、パフォーマンスと効率性が向上しています。

ノキアのイノベーションに関するキーファクト

  • Nokia FP4は業界初の2.4テラビット/ネットワーク・プロセッサ・チップ
  • 業界で初めてテラビットIPフローをサポート
  • Nokia XRS-XCは576テラビット/の処理能力を提供する業界初のペタバイトクラスのルータとなる
  • 新Nokia 7750 SR-sプラットフォームは業界最高の高密度を実現。シングルシェルフのNokia 7750 SR-14sは144テラビット/の構成をサポートし、最大288テラビット/まで処理能力を拡張可能
  • 既存プラットフォームの最大6倍の処理能力によって、広範囲に展開されたシステムへの投資を保護
  • 詳細な可視性ときめ細かい制御性を提供する独自の高度なパケットインテリジェンスと制御機能によって、エクスペリエンスの質を高め、資産活用を促進

ソリューションの販売は、2017年第4四半期を予定しています。

コメントの紹介

BTのマネージングディレクター兼チーフアーキテクト、ニール・マクレー(Neil McRae)氏は次のように述べています。「弊社のネットワークは、日々、家族や友人とのディナーをオンラインで予約したり、最近誕生した孫の写真を共有したりというようなシンプルなタスクを通じて、お客様やコミュニティをつなげています。ネットワークは私たちが想像もつかない方法で世界を変えてきました。BTでは、ミッションの中核として、皆様が必要なときにそこにある最善のネットワークとなることを掲げています。需要が増大し続ける中、ノキア社の新FP4チップとルーティングプラットフォームのような最新イノベーションをクラウドベースのアプリケーションと組み合わせることで、キャパシティ、インテリジェンス、可視性、セキュリティのバランスを取りながらお客様に対応し続けていくことができます。また、弊社ネットワークの構築と運用をインサイトに基づいて自動化するというアプローチに向け、変革を実現することが可能です。これらのイノベーションは既存のプラットフォームでも活用できるため、弊社の既存ネットワークをスムーズに強化して、新しい構成を補完することで、超高速ブロードバンド、5G、IoT、マシン間通信の新たな波に備えることができます。」

DE-CIXのCTO、ダニエル・メルツァー(Daniel Melzer)氏は次のように述べています。「DE-CIXは、世界大手のインターネットエクスチェンジ事業者として、業界最高レベルの処理能力、密度、効率性を実現するノキア社のマルチテラビットFP4チップと、それを搭載する7950 XRS-XCルーティングプラットフォームのイノベーションを高く評価しています。引き続きノキア社とのパートナーシップを通じて、世界最大の規模と性能を誇るルータを、弊社の相互接続ポイントの中心部に展開していくことを考えています。2017年内にどこよりも早く新しいシステムを展開できることを楽しみにしています。」

ACG ResearchのCEO兼主席アナリスト、レイ・モタ(Ray Mota)氏は次のように述べています。「ウェブスケール企業は大規模なネットワークを構築して世界中のリソースをつなぎ、データセンターをユーザのより近くに設置して最高のパフォーマンスを引き出そうとしています。ノキア社はデータセンター間の歴史的な量のトラフィックを処理するために必要となる純粋な処理能力と、クラウド接続環境に欠かせないインテリジェンス、安全性、適応性の能力を組み合わせることに成功しました。ノキア社に対してはこれまで、チップとシステム両面のイノベーションのバランスを取り投資を最適化しているという見方がありましたが、今回は市場最速のルータを開発しています。」

IHS Markit社キャリアネットワーク部門シニア・リサーチ・ディレクター、マイケル・ハワード(Michael Howard)氏は次のように述べています。「世界中の大手ネットワーク事業者がビッグデータの分析やソフトウェアによる自動化に適応し、IPネットワークの構築と運用に関する新たな手法を生み出している — これに疑いの余地はありません。通信事業者は、格段に優れた性能とキャパシティを実現する高パフォーマンスのネットワークを探し求めているだけでなく、事業の目標である自動化とサービスの俊敏性に対応するためのインテリジェンスと拡張性も必要としています。新しいNokia FP4チップとそれを搭載したシステムはこうしたネットワーク機能の重要な3要素を全て備えているため、今後は利用を検討する通信事業者が出てくるでしょう。IoT、5G、マシン間通信が発展する今日のクラウド時代に、ネットワークは間違いなく大規模になり、かつてないほど高度な適応性とセキュリティを備えるようになると考えられます。そうした中で、ノキア社のチップとシステムは、通信事業者が様々なサービスを提供するための支えとなります。」

Broadcom社ASIC製品部門シニア・バイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャー、フランク・オストイッチ(Frank Ostojic)氏は、次のように述べています。「ノキアはFP4ネットワークプロセッサで市場をリードしようとしています。16nm finFET Plusプロセスのテクノロジー、Broadcomの業界最先端の埋め込みSerDes、高度なパッケージ化など、最先端のシリコン技術を高度に統合し活用できるとなれば、ノキアが描く市場戦略に他社が追随するしかなくなるでしょう。」

■ノキアについて

ノキアは、世界をつなぐ技術を開発しています。ノキア ベル研究所のイノベーションを基盤として、通信事業者、政府機関、グローバル企業、そして一般消費者に、最も洗練された包括的な製品、サービス、ライセンスを提供しています。

5GやIoT(モノのインターネット)の通信インフラから、VRやデジタルヘルスなどの新たなアプリケーションの分野において、私たち人間の可能性を広げ、生活をより豊かにするための将来の技術開発を推進しています。http://www.nokia.com

Subscribe to Press Releases

Alcatel-Lucent has joined Nokia. If you wish to subscribe to Nokia press releases and receive updates by email, please visit the !nokia_subscribe. If you are currently subscribed you can still manage your subscription.