ノキア、KDDI研究所とNFVの共同実証実験に成功 ~TM Forum Live!やINTEROP Tokyo において、共同でデモを実施~

May 26, 2015

ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ユハ・ペッカ・タカラ、以下ノキアネットワークス)は、株式会社KDDI研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島康之)が実施したネットワーク仮想化技術による運用高度化にむけた実証実験に参画し、成功を収めたことを発表します。ノキアネットワークスは、本年6月1日からフランスのニースで開催される「TM Forum Live!」、および、同6月10日から幕張メッセで開催される「INTEROP SDI ShowCase」において、KDDI研究所と共同で同実証実験のデモを実施します。

KDDI研究所は、移動体通信機能として各種EPC機能、固定系機能としてCPE機能、その他の共通系機能を、汎用サーバ等からなる仮想化基盤でソフトウェア化し、横断的に管理制御するテストベッドを構築。ノキアネットワークスはEPC機能(MMEとP/S Gateway)とその監視機能、及びクラウド基盤上のアプリケーション管理機能(Cloud Application Manager)を担当し、ソフトウェア化されたEPC機能あるいは汎用基盤の異常に対してアラームを検知し、統合管理制御システム/オーケストレータからの指示でCloud Application Managerの制御により即座に障害復旧できることを実証しました。

ノキアネットワークスは、2011年に業界に先駆けて”Liquid Core”コンセプトを発表し、NFVの実用化へ向け業界をリードしてきました。製品としては2013年にIMS/TASの、2014年にはEPC(MME, SPGW)のトライアル版仮想ソフトウェアをそれぞれ完成させ、以来デモやPOCだけでなく、ブラジルのAlgar Telcomなどの通信事業者の商用ネットワーク導入実績があります。また、コアネットワークノードのライフサイクル管理を行うCloud Application Managerの開発にも取り組み、KPIに基づくスケーリング/ヒーリング機能を実現しています。

代表取締役社長 ユハ・ペッカ・タカラは、今回の成功について次のように述べています。「弊社の主要なお客様であるKDDI研究所様の先進的な取り組みに参画させていただき、その成功の一旦を担えたことを大変光栄に思います。弊社は、今後も世界最先端の無線通信技術やユースケースをご紹介するとともに、5GやNFVを含むクラウド製品の共同研究や実証実験等をサポートすることで、日本のお客様が先進性・革新性を磨く支援を積極的に行っていきます」。

ノキアについて

ノキアは、私たちの生活をより豊かにする技術へ注力することで、Connected World (数十億台もの機器がつながる世界)の実現を進めています。3つの分野を事業の柱としており、Networks事業部(ノキアネットワークス)では、モバイルブロードバンドの インフラストラクチャ、ソフトウェア、サービスを取り扱い、HERE事業部では地図情報とロケーション インテリジェンス事業を担当、Technologies事業部では、先進技術の開発とライセンス供与を推進しています。
www.nokia.com


主要事業であるノキアネットワークスは、モバイルブロードバンドの インフラストラクチャ、ソフトウェア、サービスを提供し、世界の通信業界の先端を走っています。史上初のGSM通話から、初のLTE通話まで、数々のイノベーションを世に送り出すとともに、5Gに代表される将来の技術にも注力を続けています。50億人にも上る加入者をもつ世界中の通信事業者各社様とともに、ノキアネットワークスは、Connected Worldの実現へ向けた課題解決に取り組み、それがもたらす可能性を引き出していきます。
http://networks.nokia.com/

Subscribe to Press Releases

Alcatel-Lucent has joined Nokia. If you wish to subscribe to Nokia press releases and receive updates by email, please visit the subscription page. If you are currently subscribed you can still manage your subscription.