ノキア、NTTドコモと5Gへの道を開く

May 08, 2014

(本プレスリリースは、2014年5月8日に発表された英文プレスリリースの抄訳です)

  • 次世代モバイルブロードバンド技術の開発・検証に向け、5Gの研究とイノベーションで協業

ノキア(*注釈)は、株式会社NTTドコモ(以下NTTドコモ)と5G技術の研究において提携し、5Gの概念実証(PoC)システムについて共同作業を行うことで合意しました。今回の合意は、将来的な無線アクセス実験システムの研究に向け、両社が2014年1月に署名した覚書(MoU)に基づくものです。

急増する容量とパフォーマンスに対する需要に応えるため、将来の5Gネットワークでは、セルエッジ部での100Mbpsを超えるデータ転送速度の保証や、遅延を10分の1に削減することなど、通信事業者にとって避けては通れないであろう課題を解決する必要があります。NSNの実践的なイノベーション・アプローチは、既存の最先端技術を活用しており、広帯域化と超高速モバイルブロードバンドへの移行を実現します。

NTTドコモの取締役常務執行役員である、尾上 誠蔵氏(Dr. Seizo Onoe)は、今回の協業について次のようにコメントされました。「5G研究プロジェクトのパートナーとして、弊社がノキアを選択したのは、同社が明確なビジョンを掲げ、モバイルブロードバンド分野での豊富な経験と技術的なリーダーシップを備えているからです」

両社は今後も、将来的な無線アクセスシステムの研究に関する協力体制を継続し、当初は、70GHzスペクトル帯でのミリ波技術の潜在能力を検証することに重点に置きます。実験的な5G PoCシステムの実装では、ナショナルインスツルメンツ(NI)のベースバンド・モジュールを採用し、最先端のシステムを構成することで、5G無線インターフェイスの迅速なプロトタイプ化を行う予定です。

ノキアのCTO兼エグゼクティブ・バイスプレジデントのホセイン・モーイン(Hossein Moiin)は、「5G無線技術に関するNTTドコモ様との協力体制を拡大することは、今後のモバイルネットワークのあり方を決定づける上で、重要な一歩といえます。将来的には無線ネットワークは、人と人だけでなく、機械やモノを相互接続することで、多種多様な使用事例に対応し、仮想世界と物理世界が鮮明に重なり合う空間を作り出します。業界全体と力を合わせることで、私たちは、5G技術が正しい理念に基づき、柔軟かつ高い収益性でこれらの使用事例に対応できるような環境を作る必要があります」と述べています。

ノキアは、NTTドコモと3GやLTEの初期段階から3年間に亘る協力関係をはじめさまざまな技術と規格の共同研究において、これまでも成功を収めてきました。両社の取り組みは、欧州と日本にあるNTTドコモの研究所で実施されたプロジェクトを通じ、LTEのグローバル・マーケットの展開を後押ししてきました。未来のモバイルネットワークに関する「Technology Vision 2020」**と、5G技術に関する世界的な研究・標準化活動への積極的な参加***により、ノキアは、次世代モバイルブロードバンドへの道のりで、通信事業者をサポートするためのノウハウを構築しています。

ノキアについて

ノキアは、数十億台もの機器がつながる世界で、重要な技術への投資を行っています。そして、3つの分野を事業の柱としており、Networks事業部では、携帯端末機器用無線ネットワークインフラストラクチャのソフトウェア、ハードウェア、サービスを取り扱い、HERE事業部ではロケーションインテリジェンス事業を担当、Technologies事業部では、先進技術の開発とライセンス供与を推進しています。これらの事業部はすべて、それぞれの分野をリードする存在となっています。

ノキアは現在、Networks事業部を通じ、モバイルブロードバンドの分野で、世界のスペシャリストとなっています。史上初のGSM通話から、初のLTE通話まで、ノキアは、モバイル技術の各世代で最前線を行っています。同社のグローバルな専門家チームは、顧客が自社のネットワークで必要とする新機能を発明しています。ノキアが提供するのは、世界で最も効率的なモバイルネットワークと、こうしたネットワークの価値を最大限に引き出すインテリジェンス、そして、これらすべてをシームレスに連携させるサービスです。詳細については、www.nsn.comおよびhttp://company.nokia.comをご覧ください。

注釈

*ノキア本社―フィンランド-は先月、4月29日に新戦略を発表しこれまでNSNのCEOを努めていたRajeev Suri(ラジーブ・スリ)を5月1日付けでノキア本社の最高経営責任者CEOに任命しました、またノキア本社はNSNを同社のNetworks事業部へ移行し他の二つの事業部とともに3事業部を基盤とした新しい戦略を推進する事を発表致しました。したがいまして、このリリースでは社名をNSNでなくフィンランド本社発表と同様に「ノキア」と記載致します、日本での社名変更等の詳細は今後発表を予定しています。

**ノキアは、モバイルブロードバンド・ネットワークが2020年までに1日1人あたり1GBのデータをサポートし、かつ収益を確保できるよう、実践的な技術革新を展開しています。ノキアは、将来のモバイルネットワークを見据えたTechnology Vision 2020を基盤に、通信事業者によるトラフィック急増への対処、ネットワーク運用の簡素化、及び究極のネットワーク体感の提供に貢献いたします。

***ノキアは5G技術における世界規模でのリサーチ及び標準化に積極的に参加しています。たとえば、5Gシステムの基盤定義を目的としたEU出資の5G旗艦プロジェクトMETISにおいて、HetNet技術に大きく貢献し、先導的役割を果たしています。ノキアのリサーチア・ライアンス統括であるワーナー・モール博士(Dr. Werner Mohr)は5G PPP Associationの議長に選出され、同団体では5Gシステムの標準化策定に備えて5G技術の開発を推進する予定です。またノキアは、EU以外の地域においても積極的に活動しており、中国ではChina Academy of Telecommunication Research (CATR)と5G/IMT-2020に関する提携契約を締結し、米国ではニューヨーク大学と複数年の提携契約を締結しました。

加えてノキアは、ニューヨーク大学Polytechnic School of Engineering のNYU WIRELESS Research Centerと合同で、第1回Brooklyn 5G Summitをニューヨークのブルックリンで開催しました(4/23-25 )。2014年の「The Brooklyn 5G Summit」では、NYU WIRELESSの提携企業各社と共にワイヤレス/モバイル業界のR&Dリーダーが 一同に会し、5Gワイヤレスの未来について探求しました。本サミットは、業界動向について討論する年次フォーラムの初回開催であり、「現在最も注目されているものは何か」(“what’s hot and what’s not”)、世界の5Gワイヤレステクノロジーの理解と枠組み作りに向けた最初のステップとして何が最良の方法かを見出すことが狙いです。

Subscribe to Press Releases

Alcatel-Lucent has joined Nokia. If you wish to subscribe to Nokia press releases and receive updates by email, please visit the subscription page. If you are currently subscribed you can still manage your subscription.