モバイルネットワークをカスタマイズするスマート・ロケーション・エクスペリエンス

モバイル事業者やコンテンツプロバイダには、既存ネットワークの負荷増加に対応し、ユーザのデバイス上でさらに通信速度を向上していくことが求められています。位置情報や利用可能なネットワークリソースに関するリアルタイムの情報を活用し、モバイルネットワークやコンテンツ配信を最適化することで、この課題を解決することができます。

モバイル・エッジ・コンピューティング

様々なテクノロジーを通じて、日常の多くのモノやサービスがつながるようになった現在、個人や地域のニーズに合わせたサービスへのニーズが高まっています。この新たな形態のサービスをいたる所で実現していくことで、モバイルネットワークのユーザに対して、より幅広いメリットを提供することができます。

ノキアのMEC(モバイル・エッジ・コンピューティング)プラットフォームであるLiquid Applicationsは、ネットワーク・スループットに関するリアルタイムのガイダンス機能を備えています。これを利用するコンテンツプロバイダは、最適なタイミングで動画等のコンテンツを配信することが可能となります。事前に効率良くコンテンツを取得したり、常に変化するネットワーク状況に適応したりできるデバイスを採用することで、バッファリングやコンテンツの再送を減らしてエクスペリエンスを向上します。

YouTube社が実施した、「スループットガイダンス」と呼ばれるリアルタイムのネットワークデータのテストでは、エンドツーエンドのコンテンツ配信時間が48%短縮されました。CDN(コンテンツ配信ネットワーク)及びクラウド・コンピューティング・サービスの代表的プロバイダであるアカマイ・テクノロジーズ(以下、アカマイ)では現在、モバイルネットワーク向けのPVoC(Predictive Video over Cellular)最適化ソリューションの一環として、Liquid Applicationsのデバイスキャッシュ機能のテストを行っています。

モバイルネットワークの遅延を抑えることで、ユーザは必要なときに必要なコンテンツを利用することができ、高品質のメディアエクスペリエンスを実感するようになります。また、通信事業者は、コンテンツプロバイダが利用するネットワークの負荷変化にリアルタイムに対応することで稼働率を向上できます。

スマート・ロケーション・エクスペリエンスの最適化

ノキアのスマート・ロケーション・エクスペリエンス最適化サービスは、アプリケーションのネットワークリソース使用状況に関する新しい洞察に基づき、コンテンツ配信を強化します。従来のネットワークパフォーマンス技術を上回る高精度の3D位置情報や特定エリアの分析テクノロジーにより、トラフィックパターンやデバイスの種類、使用頻度の高いアプリケーションを割り出すことができます。

スマート・ロケーション・エクスペリエンス最適化サービスを利用することで、通信事業者やコンテンツプロバイダは変化するモバイル環境を常に正確に把握し、高速ダウンロード、ネットワーク負荷の低減、特定エリアにおけるユーザ行動へのきめ細かな対応を実現できます。

増加するカスタム・モバイル・データに備える

ノキアの「Technology Vision 2020」では、2020年の時点でモバイルネットワークのユーザが、1人当たり1日に最大1GBのデータを利用するようになると予測しています。ネットワークとデバイステクノロジーの進化により、通信事業者はこうした大容量データを効率的に、なおかつユーザエクスペリエンスを犠牲にすることなく配信することが可能となります。