ハイライトその3: スモールセルやTD-LTEなどの最新ネットワーク技術 - Ultra-dense networks(超高密度ネットワーク)

Date: 
09 March 2015
Location: 
日本

ノキアが目指す2020年のネットワークインフラ

本日のハイライトは、2020年までには2010年の1000倍に増加するとみられているトラフィックに対する課題への対処についてです。 最も重要なことは、超高密度ネットワーク技術とその構築方法です。

10x10x10 = 1000倍のニーズへの大きな期待

ノキアは、10倍のセル数、10倍の効率、10倍の周波数帯域を実現するソリューションにより、合計で1,000倍のトラフィック増加への対応が可能であると考えます。全てのソリューションを融合することで、ユーザ定着率の向上を目指します。

記事の全文を読む(英語)

“LTE Advanced” ショーケース

LTE-Advancedのデモでは、「Technology Vision 2020」の3つの側面(セル数、周波数帯域、効率)の強化による超高密度ネットワークへの進化に焦点を当てています。

製品担当者による解説動画(英語)

アルネ・シェリケ(Arne Schälicke)が、ノキアのLTE-Advancedショーケースについてご案内します。「Technology Vision 2020」の3つの側面(セル数、周波数帯域、効率)の強化による超高密度ネットワークへの進化に焦点を当て、キャリアアグリゲーションと4x4 MIMOの併用によるデータレートの増幅等、ネットワークのさらなる効率化を目指す取り組みをご紹介します。

 

製品担当者による解説動画(英語)

アシシュ・ダヤマ(Ashish Dayama)が、キャリアアグリゲーションやSmart Scheduler等のイノベーションに触れながら、ノキアのTDE-LTE Advancedショーケースについて語ります。キャリアアグリゲーション導入の3つのメリットに加え、業界初となる3.5GHz 8パイプ無線をご紹介します。

 

HetNetソリューション: Flexi Zone

ノキアのFlexi Zoneポートフォリオに追加された、最大のキャパシティと最小のTCO(総保有コスト)を実現する新製品を紹介します。

製品担当者による解説動画(英語)

エリック・クローン(Eric Kroon)は、増大するトラフィックに対処する通信事業者の為の画期的な技術、「Services for HetNets」、をご紹介します。このノキアのソリューションは、3D位置情報により、スモールセルの適切な設置場所を割り出します。エリア設計の後、iSONとマルチレイヤ最適化を利用して既存のネットワークにスモールセルを導入し、都市部の混線状況を効果的に解決します。

 

製品担当者による解説動画(英語)

ステファンヌ・ダウブル(Stephane Daeuble)は、ノキアのFlexi Zoneポートフォリオに追加された、最大のキャパシティと最小のTCOを実現する新製品をご紹介します。新しいFlexi Zoneハードウェアや、業界初となる屋内用スモールセルRANの共有機能を搭載した屋内用Hot Zone、標準的なFlexi ZoneBTSを使用したLTE-Uを用いながら、アンライセンス周波数帯におけるLTEのメリットとWi-FiとLTE-Uの共存についてご説明します。

関連ビデオはこちら

 

Upcoming Events

There are currently no upcoming events.