Mobile World Congress 2015特集 今年のノキアブースの見どころを徹底紹介!

Date: 
03 March 2015
Location: 
日本

MWC2015の会期中、最新情報をご提供

2015年3月2日(月)~3月5日(木)(現地時間)のMWC2015会期中、毎日画像と映像で発信されるノキアブースの展示やデモンストレーションの最新情報をこのページでお届けします。ぜひご覧ください。

【MWC2015特集一覧】

MWC2015 フォローアップレポート

テーマ別の見どころ

●Nokia world view and the businesses coming together

MWC 2015に3事業部が共同して初めて出展することそのものが、新生ノキアの象徴とも言えます。ブース正面には、Technologies事業部のブランド事業の1つの例として、ホーム画面にNokia Z Launcherを搭載したノキアブランドのAndroidタブレット「Nokia N1」が展示されます。HERE事業部の地図やカーナビ関連のビジネスについても、「Smart location experiences」と連携して紹介します。

●Telco cloud

NFV(Network Functions Virtulization)SDN(Software-Defined Network)が実用段階に向かう中で、ノキアは通信インフラの一層のクラウド化を進めることをアピールします。Telco cloudの展示の1つの目玉が、通信インフラのコアネットワーク部分だけでなく無線部分もクラウド化する「Nokia Radio Cloud」です。無線基地局装置(eNodeB)と無線送受信装置(RRH)の機能のうち、一部の機能はインテリジェント化したRRHに実装するものの、残る機能は汎用のハードウェア上でソフトウェアとして実行する形態を取ります。

Telco cloudにおけるセキュリティを確保するための方策として「Nokia Telco Cloud Security」の展示も行います。クラウド化した通信インフラに対しての攻撃を防ぐため、個々のハードウェアへのファイアウォールの設定や、ハイパーバイザーごとのファイアウォール機能を搭載し、これを「Cloud Security Director」がオーケストレーターとして一元的に管理します。

【プレスリリース】2015年02月17日

ノキア、Telco Cloudのポートフォリオを拡大 Radio Cloudに向けて前進(#MWC15)

●Internet of things

通信機器の枠組みを超えて多くの機器がネットワークにつながる「IoT」時代のネットワークの姿も、ノキアのブースで垣間見ることができます。ノキアでは、5GをIoT実現の核となる技術と見据えて、現在のLTEよりも高い周波数を利用するmmWave(ミリ波)の通信機器の試作品を展示します。

グローバルで重要視されている自動車とネットワークの連携についても、IoTの一つのアプリケーションとして展示します。ブースでは、自動車とネットワークが連携して、ドライバーに道路上の危険を警告する仕組みのデモを実施します。

また、IoT時代には爆発的な数になると予想される各種のデバイスに対するセキュリティソリューションとして「Mobile Guard」の展示も行います。端末側の挙動をネットワーク側から監視し、万が一ハッキングされた際にいち早く警告を上げることができます。

【現地レポート】2015年3月6日

ハイライト2:IoT(モノのインターネット)を実現する5GやIoT時代におけるセキュリティ

【プレスリリース】2015年03月02日

ノキア、ドコモと5Gにおける高速データ伝送の実証に成功

【本社ブログ記事より】2015年02月20日

5Gの未来を築く韓国

【プレスリリース】2015年02月20日

ノキア、5GとネットワークセキュリティによりIoT(モノのインターネット)を強化(#MWC15)

●Ultra-dense networks

ノキアでは、2020年までに現在の約1000倍のネットワーク容量が必要になると予測し、ネットワークの高密度化を実現する研究開発を進めています。MWC 2015でも引き続き、超高密度ネットワーク実現に向けた展示を行います。

基地局制御部を集中設置するネットワークアーキテクチャであるCentralized RANを実現する「Liquid Radio」では、LTEでアップリンクの干渉を減らして高速化を実現します。さらに世界では今後主流になる3GのHSPAにも干渉制御を導入してアップリンクの高速化を実現するデモを行います。

マクロセルと小規模のセルを共存させる「HetNet」(Heterogeneous Network)の分野では、ノキアのスモールセルソリューション「FlexiZone」で、LTEと免許不要のWi-Fi帯域の共存を実現する「LTE-U」(LTE Unlicensed 、LAAとも呼ぶ)のデモを行います。通信事業者が免許を受けた帯域におけるLTEと、Wi-Fiの帯域のLTEのキャリアアグリゲーション(CA)を、1台のFlexiZone基地局で実現します。

このほか、TD-LTEのキャリアアグリゲーションのデモでは、China Mobile社との20MHz帯域を3つ束ねてダウンリンクで最大330Mbpsのスループットが得られるデモや、KT社とのダウンリンク/アップリンクダウンリンクともに2つの帯域を束ねて、ダウンリンクで220Mbps、アップリンクで40Mbpsのスループットが得られるデモも出展します。複数の基地局を協調制御してセル境界のスループットを高めるCoMP(Coordinated Multi-point)のデモ、TD-LTE -Advancedで用いられる3.5GHz帯域のパイプ無線基地局製品の展示もあります。

【プレスリリース】2015年02月27日

超高密度ネットワークと1000倍のトラフィックに対応する、ノキアの新技術(#MWC15)

●Smart location experiences

スマートロケーションのテーマでは、コネクテッドカー、エッジコンピューティングなどの展示、デモが行われます。コネクテッドカーでは、HERE事業部とNetworks事業部が共同で、事故が起こったことを周囲の自動車に通知するデモを行います。端末の位置に応じて、基地局に設置したサーバーがコンテンツを制御する「Liquid Application」のデモも行います。1つは端末ごとの通信状況を基地局側がリアルタイムに判断し、スループットに応じたコンテンツ配信を行う「Throughput guidance」などの様子をご覧いただけます。

【現地レポート】2015年03月11日

ハイライトその4:位置情報を活用したサービスやエッジコンピューティングの技術を紹介する(#MWC15)

【プレスリリース】2015年03月04日

個人のニーズに合わせたサービスを提供する、スマート・ロケーション・エクスペリエンス(#MWC15)

●Bigdata and analytics

ノキアのブースでは、モバイルネットワークのデータを使って、通信事業者にどのようなベネフィットが得られるかを示す、ビッグデータとアナリティクスのテーマの展示も行います。ネットワークパフォーマンスを強化するための予測サービス、CEM(Customer Experience Management)ベースのマーケティングのデモなどを通じて、通信事業者やネットワーク上でサービスを提供する事業者にビッグデータの活用法を提案します。

【現地レポート】2015年3月5日

ハイライト1:モバイルネットワークから得られるデータの活用法を探る

【プレスリリース】2015年03月05日

カスタマイズキャンペーンを1時間で作成可能な、Predictive Marketing(#MWC15)

 

Upcoming Events

There are currently no upcoming events.