See all Nokia sites

会社案内

ノキアは、世界有数インフラベンダとして、現在、世界120カ国の通信事業者に製品 / サービスを提供し、世界中の加入者のネットワークを支えています。2007年4月3日以来、日本でも事業を展開してまいりました。現在では、東京を含め全国4拠点にオフィスを構え、お客様により迅速なサポートを提供しております。

社長メッセージ


コネクテッドワールドの中枢を担う世界トップクラスのテクノロジーカンパニー

ノキアはベル研究所の研究成果とイノベーションを原動力に、エンドツーエンドの製品、サービス、ライセンスを取り揃えた業界でも類を見ないトータルなラインナップを通信サービスプロバイダーや政府、大企業、個人ユーザーに提供しています。5GやIoTのインフラ整備からデジタルヘルス分野の新しいアプリケーションまで、ヒューマンエクスペリエンスを進化させるテクノロジーの未来を築いているのです。真のグローバルカンパニーであるノキアでは、100カ国以上で160以上の国籍を持つ従業員が働いています。

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
代表執行役員社⻑ジョン・ハリントン
(John Harrington)

 

業界をリードするテレコミュニケーションを日本で提供

ノキアは、日本の3大通信サービスプロバイダー(CSP)すべてと、幅広い業界や企業に製品やサービスを提供している通信のリーディングサプライヤーです。私たちは、日本のCSPコミュニティから信頼されるパートナーであることと、主要なサプライヤーであることを誇りに思っています。日本のノキアの社員は、日本の経済を広範にサポートし、お客様のビジネスの発展を支援する高品質のソリューションを提供していることを光栄に思っております。日本の消費者の皆様に対しては、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、業務を簡素化し、時間を節約し、人々の暮らしを良くするデジタルライフの実現を目指しています。パブリックセクターと企業については、ビジネスをもっとインテリジェントにもっと効率よく結びつけることを目指しています(例えば、インテリジェントにつながるエネルギーと公共施設のソリューション等)。限りなく増え続けるつながる世界の中で公共安全の改善をリードするいくつかの取り組みも行っています。

グローバルネットワークの次世代は日本がリード

次世代ネットワークの計画と展開で日本は世界をリードしています。日本は世界の中でノキアが高品質をお届けしている市場の1つです。G.FASTのようなインテリジェントな固定アクセスソリューションに加え、高度な5G無線システムは2018年に日本で試験を行い配備される予定です。これらの新たなネットワークは、ユーザーとビジネスをより速く、より高い信頼性で、反応のより早い情報とサービスでつなぎます。日本は世界で最も技術的であり最も進んでいる市場の一つなので、ノキアが最新の技術を展開する最初の国となります。ノキアはFUTURE Xと呼ばれる未来のネットワークのビジョンを持っています。日本はデジタルワールドの中心となって、この未来が最初に実現される場所になります。

デジタル・サービス・プロバイダーへの移行を実現

ノキアは、従来の通信サービスプロバイダー(CSP) からデジタル・サービス・プロバイダー(DSP)への進化を可能にする最も広範なエンドツーエンドのポートフォリオを備えているという点で唯一無二です。ノキアの扱うマルチメディア、音声、データ、ビデオ、マシン、デジタルシステムは増え続けています。私たちの技術はお客様のクラウドへの移行を可能にします。コンバージド・エッジ・クラウド、クラウドRAN、ネットワークスライシング、マネジメントオーケストレーションといった技術で、サービスプロバイダーがより効率的でコスト削減した運用を実現できるように支援します。ノキアは、次世代ネットワークインフラを提供するだけではなく、高度なマシンラーニングや人工知能でサービスを継続的に最適化するソフトウェアも提供します。ノキアは、日本において何百万という人々だけでなく何十億というモノもつなぐIoTのコネクティビティを提供することで、皆様の生活、仕事、余暇を充実させるスマート・デジタル・シティを実現します。

大いなる誇り 

ノキアの目標の一つは、私たちの技術がお客様のサービスと結びついて最新かつ高機能のデジタルエクスペリエンスを2020年夏季オリンピックでいかにして提供するかを紹介することです。ノキアは、日本が次の産業デジタル革命を担う世界で最も進んだ国であると示す事を目指しています。私たちの技術が日本の社会と生活水準を向上させてきた事を私たちは示していきます。私とノキアの社員は日本経済へのノキアの貢献を大変に誇りにしています。今後も皆様の変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます。